どうしても見比べてしまうNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」とフジ開局50周年ドラマ「不毛地帯」。政権交代後の混迷の時代に放映されるドラマとして、両者ともに意義があるし、良い出来映だと思う。・・・が、どちらかというと「坂の上の雲」に肩入れしてしまう。どうしてか?

全国的に見ても肩入れ度合いは、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」に歩があるようだ。

「不毛地帯」の視聴率は、
第1回 14.4%
第2回 11.1%
第3回 11.6%
第4回  9.9%
第5回 11.8%
第6回 10.7%
第7回 10.6%
第8回 11.4%
10%を少し超えたところに留まっている。
一方「坂の上の雲」は、まだ、2回だけの放送なのだが・・・
第1回 17.7%
第2回 19.6%
20%超えも目前、単純に「不毛地帯」の約2倍である。

1回目から2回目への視聴率が、「不毛地帯」が3%下げたのに対して、「坂の上の雲」は、2%の上昇を示している。そのプラスマイナス5%の差は、全体で10%に。この10%の違いは、意外に大きい。それこそが、今の日本国民の意思ではないかと思う。

例えば、この夏の政権交代が起こった衆院選挙。自民と民主の得票数を4年前の郵政民営化選挙と、比較して見ると・・・・
【小選挙区】 定数300名の議席獲得における獲得票数の移動は下記のようになる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自民党 :獲得票48%(226議席)→ 獲得票39%( 64議席)
民主党 :獲得票36%( 54議席)→ 獲得票47%(221議席)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
全体の10%の人達の行動の変化が、政権交代という大きな時代の流れを作ったことになる。
「坂の上の雲」と「不毛地帯」の間に生まれた視聴率10%の差にも、読み取るべき意味がある。


「坂の上の雲」が、「偉大な明治の政界」を描いているとしたら、

続きはこちら