体調が悪くて吐き気や胃がもたれているときに、栄養をつけようと無理やり食べ物を詰め込もうとして吐いてしまったという経験をした人もいると思いますが、常に何も食べることができない遺伝子形成を持つ少年がいるそうです。

この少年は牛乳のような液体も飲み込むことができず、自分一人で栄養を補給することが困難とのこと。

詳細は以下より。
The boy who can't eat food | The Sun |News

この記事によると、イギリス北東部にあるタイン・アンド・ウィア州のサンダーランドに住むKeaton Foale君(5歳)は「Congenital Disorder Glycosylation Type Two(先天性疾患糖鎖形成タイプ2)」という1億3500万人に1人しかいない非常にまれな遺伝形成を持っており、胃の中に入ってこようとする食べ物をすべて拒絶してしまう特異体質になっているそうです。また、定期的に内出血を起こしてしまうため、1年の間に多量の血液を失ってしまうとのこと。

Keaton君が先天性疾患糖鎖形成タイプ2であることが判明したのは生後3ヶ月の時で、急激に体重が落ち始めたため鼻からチューブを通して食べ物を注入したりミルクのような液体状のものを与えようとしたそうですが、すべて吐き出してしまったり肺の中に入ってしまったりするため詳細な検査を行った結果、特殊な遺伝子形成を持っていることが明らかになったそうです。生後1年まで黄疸・貧血・伝染病などに苦しみ、盲目にならないようレーザー手術も受けたとのこと。

これがKeaton Foale君


現在、特注のチューブを胃の中まで入れて栄養価の高い特殊なミルクを流し込むという1回50分間もかかる食事を1日に4回行わなければならないそうです。遺伝子形成の問題であるため、現代医療での治療は難しいとされており、Keaton君先天性疾患糖鎖形成タイプ2と一生戦い続けなければならないそうです。

・関連記事
日本ではほとんど知られていない世界の奇病 - GIGAZINE

医学的に信じられない状態にある人々の10の症例 - GIGAZINE

体内に脾臓が5つ、左肺が2つあるなど内臓が正しい場所になく「ジグソーキッド」と呼ばれている6歳の少女 - GIGAZINE

地球温暖化によって広がる可能性のある5つの病気 - GIGAZINE

騒音を聞くと死んでしまう姉妹、運動はWiiで行う - GIGAZINE

記事全文へ