任天堂がWii向けに発売した『NewスーパーマリオブラザーズWii』の初週推定販売本数が90万本を突破した。定番の人気シリーズ最新作だけに、これからの勢いに期待がかかる。


「スーパーマリオブラザーズ」は1985年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売。横スクロールで左から右へ向かってゴールを目指す中に、ジャンプして障害物をかわす、敵を踏みつけるといった要素が交わり、当時としては画期的だったその内容に多くのファンが魅了された。まさに現代でも通用する人気を築き上げた作品と言っても過言ではないだろう。今回の「NewスーパーマリオブラザーズWii」は、ニンテンドーDSで発売された「Newスーパーマリオブラザーズ」の流れを汲む作品で、新しい変身や仕掛けの他、4人までの同時プレイが可能となっている。

今回の初週販売本数はWiiソフトとしては歴代1位となる本数。じわじわと売れていくのが特徴の同シリーズだけに、今後どこまで販売本数を伸ばすか見ものである。
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
乱発されるMMORPG。格の違いを見せるか?期待のかかるもう一つのFF。
なぜ「無双」に固執?チャレンジできないコーエーの事情。
PS3で新規ユーザー獲得?コーエー『信長の野望Online』PS3発売。
脱マンネリ?『桃鉄』オンライン対戦で復活か?
Wiiの勢いは再び戻るか?
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!
【参照】
ファミ通.com