日本で消費される缶コーヒーは年間100億本。
金額ベースでは8,000億円に達します。


清涼飲料メーカーの間では。

“缶コーヒー市場を制するものが、清涼飲料市場を制する”

と言われるほど重要なカテゴリーです。


このため、

コカ・コーラ(ジョージア)
サントリー(BOSS)
キリン(FIRE)
アサヒ飲料(WONDA)

といったトップメーカーの新製品開発や、
広告・販促施策における競争は熾烈なものが
ありますよね。


さて、現日本コカ・コーラ会長の魚谷雅彦氏が
1994年に同社に入社した時、まず早急な建て直しを
求められたのが、

「ジョージア」

でした。


ジョージアは当時、
矢沢永吉さんをコマーシャルに起用した

サントリー「BOSS」

の人気に押されて、
じりじりと売上げを落としていたのです。


当時のジョージアの市場シェアは43%。
トップブランドの地位は保っていました。

また、ジョージアの

「認知率(助成認知率)」

は90%以上。

実質、日本人なら誰でも知っている
ブランドと言えますね。


ところが、

「缶コーヒーと言えばどのブランド?」

という質問で確認する

「非助成認知率」

では、一位がBOSS、
ジョージアは二位だったのです。

つまり、当時のBOSSのシェアは
10%以下だったにも関わらず、
ブランド力では、BOSSに負けていた
というわけです。


当時、消費者の購買行動が
変わり始めていました。

缶飲料は、従来ほとんど自販機で
買われていました。

現在でも自販機の約半数はコカ・コーラが
展開していますが、自販機を通じた強力な
販売力が同社の強みの一つです。

ジョージアがトップブランドになれたのも、
同社製品しか買えない自販機のおかげ。


しかし、コンビニが普及したため、
缶飲料が自販機ではなく店舗で買われる
機会が増えてきたのです。

様々なブランドが並ぶコンビニの場合、
ブランド力が強いほうが勝ちます。

要するに、コンビニなどの小売店では、
ジョージアではなく、BOSSを選ぶ人が
増加した。


続きはこちら