あなたは、百貨店統一ハンガーリサイクルシステムをご存知ですか?

今回は、百貨店統一ハンガーリサイクルシステムの成り立ちを見る事で、LeanでGreenな事業をいかに構築するか、その過程に立ちはだかる壁やそれをどう乗り越えていくかについて学びます。

百貨店統一ハンガーリサイクルシステムは日本百貨店協会、日本アパレル産業協会、統一ハンガー協議会のユーザ、メーカ、回収・処理企業の三団体による、百貨店で用いられるハンガーのリサイクルシステムです。

百貨店の店頭に並ぶ洋服は、配送時にできるしわ防止のため、一着一着ハンガーに掛けて納品され、売り場で各店のハンガーに掛け替えた上で陳列されていました。 納品時に使用されたハンガーは、プラスチックゴミとして各店で廃棄されていました。

91年、ハンガーメーカ日本コパックの斎藤社長は、東京・夢の島を見学した時に、埋立場で積み上げられたハンガー。その光景に意を決し、ハンガーリサイクル事業を開始しました。

翌年には大手チェーンストアの賛同を得てハンガーのリサイクルを開始、95年には日本百貨店協会、日本アパレル産業協会などと、リサイクルを推進するハンガーBPR協議会に参加。ハンガー業界でも統一ハンガー協議会を設立し、そこで「百貨店統一ハンガー」規格を制定した所、全国の百貨店にもリサイクル事業が広がり始めました。

百貨店統一ハンガーは、規格を統一する事で、流通から店頭ディスプレーまで同じ一本のハンガーを使用します。 形状は百貨店とアパレルが共同で開発し、紳士・婦人の各アイテムに合わせて約30種類に集約。 商品販売後、店頭で不要になったハンガーをリフォーム工場に送付、洗浄・メンテナンスの後、再びアパレルメーカに納品という仕組みです。


続きはこちら