WLI-UC-GNT
 バッファローは9日、Wi-Fi/無線LAN対応のゲーム機をインターネットに接続できるUSBアダプタ「WLI-UC-GNT」を発表。2010年1月から発売を開始。価格はオープンで、希望小売価格は2,200円前後。

 同製品は、インターネットにつながっているPCを無線LANの親機にして、Wi-Fi対応のゲーム機を楽しめるUSBコネクタ。ルーターやモデムの設定変更も不要で、使用中の無線LANの親機のセキュリティーレベルを下げずにゲーム機を利用できる。対応ゲーム機は、ニンテンドーDS/DS Lite/DSi/DSi LL、Wii、PSP、PSP go、プレイステーション 3となっている。

 「AOSS」機能を搭載し、PCに専用ソフトウェアをインストールして、PCとゲーム機のAOSSボタンを押せば簡単にインターネットへ接続可能。また、従来の暗号化方式よりも強力な「WPA2」方式を採用。「WPA-PSK(TKIP/AES)」や「WEP(64/128ビット)」といった従来の暗号化方式にも対応する。ほかにも、「電波混雑防止」機能により、電波干渉による通信速度低下を防止する。

 本体サイズは幅16×高さ33×奥行き8mm(キャップ含まず)とコンパクトサイズになっており、従来機種の「WLI-UC-G」よりも約72%の小型化を実現した。重さは4gで、手軽に持ち運びもできる。また、ノートPCでも使用可能。バッテリ供給はUSBバスパワーとなっている。

 おもな仕様は、対応OSがWindows 7(32ビット)/Vista(32ビット)/XPで、Windows 7で親機モードを使用する場合は別途ルータが必要になる。インターフェースはUSB2.0で、無線LANはIEEE802.11n/g/bに対応する。

■関連ニュース
GNネットコムジャパン、2.4型タッチパネル搭載モデルなどBluetoothヘッドセットを2製品
GNネットコムジャパン、わずか7gのスタイリッシュなBluetoothワイヤレスヘッドセットなど
マイクロソフト、USBアダプタ付きBluetooth対応ワイヤレスレーザーマウスを数量限定販売
ソニー、アルミ素材のスライド式カバーを採用したBluetoothマウス
OKIネットワークス、モバイルWiMAXネットワークにWi-Fi機器を接続する「WiWiGW」販売開始