産業能率大学は、2009年に最も優れていたと思う社長を従業員数が10人以上の企業経営者に聞き、「社長が選ぶ 今年の社長」としてまとめた。

 「社長が選ぶ 今年の社長」は、ファーストリテイリングの柳井正氏が2年連続で第1位となった。第2位は、トヨタ自動車の豊田章男氏であったが、第1位とは200票以上の大差だった。

柳井氏については、不況下においても業績を伸ばしている実績を評価する声が多く、ユニクロブランドの確立や積極的な海外展開を理由に挙げる経営者も目立った。

「来年注目する会社」は、トヨタ自動車が1位。日本経済全体や産業に与える影響が大きいだけに、注目が集まっている。

また、社長が選ぶ「今年のビジネスキーワード」は、「政権交代」が1位。「今後の経済成長に大きく影響する」、あるいは「経済のみならず社会全体のシステムが根底から変わる」といった理由が多く挙げられた。

調査は、11月20日から12月1日まで、インターネット調査会社を通じて実施し、経営トップ697人から回答を得た。


◆関連ニュース

給与17カ月連続で減少、残業時間も前年比マイナスが続く(2009/11/30)

10月の完全失業率5.1%、有効求人倍率0.44倍(2009/11/27)
障害者の法定雇用率 達成企業45%(2009/11/24)
「現代の名工」を発表 フレンチの坂井宏行氏ら(2009/11/11)
就職氷河期が現実に 大学生の就職内定率7割台(2009/10/23)