TUF参加前はA・オルロフスキー、J・モンソンに2連敗中だったネルソン。番組開始後は安定した戦いで4連勝、遂にはズッファとの六桁複数年契約を獲得した

写真拡大

12月5日(土・現地時間)、米国ネバダ州ラスベガスのザ・パールで開催されたTUFシーズン10のフィナーレ大会=「The Ultimate Fighter Heavyweights FINALE」。ヘビー級ファイター16名が揃ったジ・アルティメット・ファイター・シーズン10もロイ・ネルソンとブレンダン・シャウブの決勝戦により、いよいよフィナーレを迎えた。

だが、そんな決勝戦は、元IFL世界ヘビー級王者ネルソンが完勝。シャウブの左に被せるように、大きく踏み込んでの右ストレート一閃。1R3分強でズッファとの六桁複数年契約を勝ち取った。

また、第3週において、そのネルソンに敗れた注目のキンボ・スライスは、ヒューストン・アレクサンダーを相手にキャッチウェイト戦でのUFCデビュー。得意のパンチに豪快なバックドロップも見せたが、アレクサンダーとともに試合中盤からガス欠状態に。辛くも判定勝利を挙げたが、オクタゴンでの前途は厳しい内容でもあった。

さらに、TUF10ファイター以外では、聴覚障害を持ちながらも、TUFシーズン3で活躍したマット・ハミルと爆発的な勢いと運動量でUFC3連勝中のジョン・ジョンズが対戦。試合はジョンズが一方的な展開から、マウントを奪取すると一気にパウンドやエルボーを叩き込んだが、その直後、垂直にヒジを落とすとハミルは動けなくなってしまい、ジョンズの反則負けが宣告された。

■関連リンク
公開計量、余裕のネルソンに緊張のキンボ!?
シーズン10決勝はネルソン×シャウブ、キンボは契約体重戦へ
ファイナル大会の注目株ライトヘビー級戦士=ジョンズ

<TUF10 Heavyweights FINALE 全試合結果>

第10試合 TUFシーズン10ヘビー級決勝戦/5分3R
○ロイ・ネルソン
(米国)
1R3分45秒
TKO
詳細はコチラ
ブレンダン・シャウブ×
(米国)
第9試合 ライトヘビー級/5分3R
×ジョン・ジョンズ
(米国)
1R
反則
詳細はコチラ
マット・ハミル○
(米国)
第8試合 215ポンドキャッチウェイト/5分3R
○キンボ・スライス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ヒューストン・アレクサンダー×
(米国)
第7試合 ライト級/5分3R
○フランク・エドガー
(米国)
2R2分22秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
マット・ビーチ×
(米国)
第6試合 ヘビー級/5分3R
×マーカス・ジョンズ
(米国)
2R10秒
TKO
詳細はコチラ
マット・ミトリオン○
(米国)
第5試合 ヘビー級/5分3R
×ダリル・スクーノバー
(米国)
3R3分20秒
TKO
ジェイムス・マックスウィーニー○
(英国)
第4試合 ヘビー級/5分3R
○ジョン・マジソン
(米国)
3R終了
判定
ジャスティン・ワレン×
(米国)
第3試合 ライトヘビー級/5分3R
○ブライアン・スタン
(米国)
3R終了
判定
ロドニー・ウォレス×
(米国)
第2試合 ウェルター級/5分3R
○ジョン・ハワード
(米国)
3R4分55秒
TKO
デニス・ホールマン×
(米国)
第1試合 ライト級/5分3R
○マイク・ボチェック
(カナダ)
1R3分36秒
リアネイキドチョーク
ジョー・ブレーマー×
(豪州)