運転手もサンタ!特別デザインのクリスマスバスが運行

写真拡大

京王電鉄バスグループが、12/5(土)〜25(金)のクリスマスシーズンに、「京王クリスマスバス」と名付けた期間限定の企画路線バスを運行する。なんとそのバス、車掌がサンタクロースに変装しているというから驚き!?

クリスマスデコレーションが揺れるかわいいバス車内

このクリスマスバス、車体にクリスマスデザインのラッピングを施したものと、大型クリスマスステッカーを貼ったものの2タイプ、計20台。車内にはクリスマスデコレーションが施されるほか、運行期間の土・日・祝日・クリスマスイブ・クリスマス当日には、サンタクロースに扮した乗務員が乗車する。さらに、始発停留所では、車内のBGMとしてクリスマスソングを流すというから、クリスマス気分は満点だ。

京王電鉄バスグループの企画担当者は、「路線バスは地味な存在と思われがち。商店街や繁華街の“にぎわい”と“にぎわい”を結ぶ乗り物ということで、お客様をお連れするバス車内からもクリスマス気分を盛り上げていきたいと考えました」と、企画の経緯を話す。 “ドキドキ感”や“わくわく感”を演出することで、「子どもたちがバスに乗って出掛けたくなるように」との思いもあったそう。

ちなみに、クリスマスバスの運行期間には、車内限定でサンタクロース柄のシールを配布。2枚集めて官製ハガキで応募すると、かわいい絵本『バスでおでかけ』や、オリジナルバス型目覚まし時計が抽選で各20人に当たるキャンペーンを実施もしている。

安全運転に支障が出ないよう気を配りつつ、楽しい演出を心掛けたという同バスのクリスマスデコレーション。陽気なサンタクロースになりきった運転手に会えば、ハッピーになること間違いナシだ。クリスマスシーズンには家族や友人と利用してみてはいかが? 【東京ウォーカー】

【関連記事】
クリスマスプレゼントは4人に1人が「現金」希望 (東京ウォーカー(全国版))
今年のパークは雪が降る!“USJのクリスマス”を徹底解剖! (関西ウォーカー)
東京ディズニーシーのクリスマス限定ショー&プログラムを徹底紹介 (東京ウォーカー)
自分へのご褒美に280万円!“おひとりさまクリスマス”実態調査 (東京ウォーカー(全国版))
まるでおとぎの国…クリスマスはホテルのロビーを“列車”が走る! (関西ウォーカー)