今年9月、WWF(世界自然保護基金)は「今世紀末までに地球の海面は最大120cm上昇する」との予測を発表しました。これは従来の上昇予測の約2倍の数値です。地球温暖化による海面上昇の危機が騒がれて久しい現在、この発表は、"エコ"に慣れはじめたわたしたちに改めて「地球環境問題」について考えさせます。

今後100年間の地球の海面上昇予測から、その様子を体感可能な時間/空間スケールにまで縮めて表現する『百年海図巻』。
日本の古典絵画に見られる「空間の美」が、地球温暖化により、どんどん上昇する海面により、ギャラリー壁面を満たし、美しい空間を乱し、観ている人たちを飲み込んでいきます。

このプロジェクトのリーダー、チームラボ株式会社・猪子寿之氏は、開催に際し「今後100年間という時の流れを短縮し、次の世紀までにどのくらい海面が上昇してしまうのか、より直感的に空間全体で体感していただけると思います。」とコメントしています。


<Information>
コニカミノルタプラザ環境企画展『百年海図巻』
TEAMLAB NET×コニカミノルタプラザ

会期2009年12月10日(木)?21(月)10:30
※会期中無休 10:30?19:00 最終日のみ15:00まで
入場:無料
場所:コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C

http://konicaminolta.jp/plaza/