今日は、ECサイトでのユーザーエクスペリエンス向上のための機能や、それによるコンバージョンの変化に関する調査データを紹介します。

今日は、ECサイトでのユーザーエクスペリエンス向上のための機能や、それによるコンバージョンの変化に関する調査データを紹介します。

ECサイトは、この不況でも勢いを保っている分野の1つ。しかしECサイトは商品の表示方法や機能など、サイト機能の進化が激しいもの。商品画像のズーム機能や360°回転表示、ライフスタイル画像といった見せ方や、ブログ、ユーザー評価、レビューのようなソーシャル機能などを、どれくらいのサイトが導入していて、効果があると判断しているのはどの機能なのでしょうか? 調査データから見てみましょう。

オンラインカスタマエクスペリエンス新時代の調査データ

今回紹介する調査データは、「オンラインカスタマエクスペリエンス新時代(Online Customer Experience - The Next Generation)」と題したもので、アドビシステムズ社が米国で実施した2009年の調査データ。早速調査結果からポイントを紹介しましょう。


●導入済みEC向け機能のトップ5は次のとおり。



●非常に効果的だと回答されたEC向け機能のトップ10は次のとおり。



●導入した機能の効果測定指標の上位は次のとおり。



●導入した機能の効果を測る指標のうち、2008年に比べて重要度が高まっているのは「質的フィードバック」「売上の増加」「売上単価の増加」。

この調査は、Webサイトでのユーザーエクスペリエンス改善やコンバージョン改善のために、どのような機能を利用しているかとその効果(または利用予定と効果予測)を調べるためのもの。リッチメディア、ソーシャル、モバイル、パーソナライズの4つのカテゴリに関して調査しており、オンラインで製品やサービスを取引しているECサイト、制作会社、メディア、メーカー474社が回答した結果です。


続きはこちら