日記を外国語で書く。書いた日記を、その言葉を母国語とする人間が添削する。相互扶助型の語学学習SNS『Lang-8』は、日本初にして唯一のシステムだ。この1年間でユーザー数は一挙に10倍に増加。世界で1億人のユーザー獲得を目指すLang-8のビジョンと展開戦略を紹介する。

第1回 『「ありがとう」が行き交うサイト』


■相互扶助型の語学学習サイト

「世界最高の語学学習サイトを作りたい。これがLang-8を始めた動機ですね」

日本発で世界最高をめざす。極めてスケールの大きなビジョンを持つLang-8を定義するなら、相互添削型SNSサイトとなるだろう。世界中の人がよってたかってお互いに添削をし合う、そんなサイトである。

「例えば日本人で英語を勉強したい人がいるとします。その人が、自分が英語で書いた日記などの文章をサイトにアップする。すると、その文章に対して、英語ネイティブの会員が添削をしてくれるのです」

逆もある。日本語を学びたい外国人が、日本語で日記を書いてアップする。それを読んだ日本人が、おかしいところを直してあげる。

「だから相互添削型なんです。従来のリアルな添削だと完全な一対一の関係でしょう。ところがSNSでやれば、添削を受けたい人と添削してあげようという人の関係は、N対Nになりますね。これがネットを使った添削システム最大のメリットなんです」


リアルでは実現できないメリットを提供できるかどうかが、ネットビジネス成功のための最初のハードルだ。Lang-8はまず、このハードルを軽々とクリアしてみせる。とはいえ、添削してくれる相手は、決して添削のプロではない。時には間違った添削をしてしまう可能性もあるのではないだろうか。


続きはこちら