現在、ソロツアー『TSUBASA IMAI LHT ☆D&R 〜 an extension★』で全国のライブハウスを巡回中の今井翼。12月23日〜2010年1月1日の追加公演も決定し、ますます盛り上がりを見せている。

(写真はこちら)

 そんな中、飛び出したのが「来年、ソロでCDをリリースします!」との宣言。ジャニーズ公式携帯サイト「Johnny's web」内の連載「今井翼」(※前連載名「283」より改名)によると、

「今井翼音楽活動本格始動! 他にもあるお仕事に向けた動きもあり、国内外を飛び回ったりで、かなりバタバタな年末になりそうです」

 と、現実化したソロでの音楽活動に向け、目下のところ、多忙を極めているようだ。

 1月3日には『暮らしてみる旅』(NHK総合)に出演、大地真央と共演の舞台『ガブリエル・シャネル』大阪松竹座公演が来年3月に決定するなど、すでに来年度のソロ活動も続々発表されている。この充実ぶりを喜ぶ一方、複雑な思いを抱えているファンも多いようで......。

「熱心なファンはあえて触れずにいますが、昨年末あたりからタッキー&翼としての活動がほぼ皆無なんですよね。最初は、タッキーのソロ活動が忙しいせいかな、それが終われば......と思っていたのですが、ここで翼くんがソロデビューするとなると、更に二人の歩みは揃わなそう。このままコンビを自然解消させるつもりなんじゃ......と不安でなりません」(タッキー&翼のファン)

 事実、08年6月のシングル「恋詩-コイウタ-/PROGRESS」を最後にタッキー&翼のCDリリースは完全ストップ。にも関わらず、滝沢は09年に入ってから3枚ものソロCDを発売しており、翼ファンの不満は募る一方だった。

「もともと、タッキー&翼でデビューした頃から『いずれソロで活動できるように、こういう名前にしたのでは』と、一部では囁かれていましたしね。シングル『夢物語』で一度はヒットを飛ばしましたが結局のところ続かなかった。滝沢秀明のソロ志向が高まる中、ようやく翼も吹っ切れたということでしょう」(女性週刊誌記者)

 前述のツアーでソロ活動について発表した際、「ユニットの活動もできればね......」と明言を避け、言葉をにごしていた翼。ジャニーズ恒例の「スクールカレンダー」もタッキー&翼分は現在のところ発行されない方向で進められている。二人が別々の道を歩む未来も、そう遠くはなさそうだ。

【関連記事】 今井翼「感謝の気持ちをカラダで返す」と極秘でファンサービス!
【関連記事】 翼がタッキーを痛烈批判? 日記をめぐってファンが大モメ!
【関連記事】 「一人の方がいい」"アーティスト志望"KAT-TUN赤西仁が迷走!?
【関連記事】 消えたジャニーズJr.の植草裕太 その行方と"京本政樹2世"への影響
【関連記事】 超多忙! 櫻井翔が"年内最後の休日"に行った"ある場所"とは?