Webサイトやシステム開発の最終フェーズ「テスト・検証」。
開発会社の仕事だと思っていませんか?発注主の皆さん。

そんな業務意識じゃ利益を創造できる会社の一員とはいえませんよ…

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。


Z会のオフィシャルサイトリニューアル、1年がかりのプロジェクトリーダーに今週始め、終止符が打たれました。
▼Z会オフィシャルサイト(CMSを導入しました)
http://www.zkai.co.jp/


Webサイトやシステムの開発に携わる方はどなたでもお分かりでしょうが、最終フェーズで

「プログラムが正しく動くかどうかのテスト」

は、たーーいへん重要な過程になります。


もちろんこの「テスト・検証」フェーズは、Webサイト・システム制作会社の見積もり金額にも含まれ、正しく動作できる状況で納品されるのがアタリマエのことです。

しかし、「予期せぬバグ」が100%事前に潰せることなんてありません。
だからこそ「予期せぬ」バグなわけですから。。。


ただ、バグが極力なくなるようにテストを繰り返すことは、とても大切ですよね。


そしてこのテストの過程。
発注主の中では「お金を支払っているんだから」といって、制作側の仕事とし、自分では何もしない方が少なくないと思われます。

ダメっ。
動作テストは発注主の仕事です。


よくあるケース。
何かバグがあったときに、「ちゃんと見ろよ!」と制作会社に投げかけたり、本番にアップされた後に発見されたら「請負の責任だろ!」となすりつけること。
この発注主、無責任極まりない態度ですね。

だって、それで迷惑がかかるのは、発注主のサイトを見ている閲覧者ですから。
そして、迷惑がかかる閲覧者に愛想をつかされて、被害が及ぶのは発注主ですから。



顧客のこと、会社のこと。
一緒に働いている仲間のこと。
巡り巡って自分のこと。


続きはこちら