日本全体が不景気の中で、ほとんど一人勝ちといえるのがユニクロ。ユニクロといえば、そのビジネスモデルやマーケティングが注目されるが、その真の姿は偉大なる変革者ではないだろうか?


ユニクロで買い物したことがある人96%

つい先日ユニクロは、6時からの早朝セールスに千人単位の人を集めた。これは特別なケースだろうが、普段でも土日の店舗は大にぎわいを見せている。何しろとびっきりダントツの絶好調企業である。

平成21年8月期の通期連結決算は前期比16.8%増で6850億円、営業利益は24.2%増の1086億円。通期売上では過去最高、営業利益も過去最高益となったようだ。リーマン・ショック何のその、天上天下唯我独尊企業といっても良いぐらいの勢いがある。

あるアンケート調査では、1000人を超える回答者のうちユニクロで買い物した経験がある、と答えた人が実に96%にも上った(日本経済新聞2009年11月30日付朝刊13面)。およそ日本人ならほとんどすべての人が、ユニクロで服を買ったことがある。イコールユニクロで服を買わない人がほとんどいないという、とんでもない状態ではないか。


なぜ、ユニクロが受けるのか

アンケートではユニクロが受ける理由についても調べられている。その結果は次の通りだ。まず「価格が安い(86%)がトップ。以下、カラーバリエーションが豊富(58%)、シンプルで飽きがこない(46%)、機能性に優れた商品が多い(37%)と続く(前掲紙)」。

安さがいちばんの理由なのは想像通りだとしても、それ以外の面でも高く評価されていることがよくわかる。逆にいえば、だからこその売上であり利益率なのだ。


続きはこちら