民主党政権の浮揚に大いに貢献したとされる事業仕分け。蓮舫議員への反発や、ノーベル賞学者からの反発、一方で賛辞と入り混じった仕分け作業。コミュニケーションの観点で見てみましょう。

書くのも恥ずかしい「必殺仕分け人」というネーミングのとほほ感はともかく、この事業が民主党にとって少なくともプラスであったことは、世論の8割が支持しているということからも言えるでしょう。

一方、ワイドショー等で繰り返し流された蓮舫議員の高圧的な態度への批判は、例の女性教育会館・神田理事長とのやりとりの、ノーカット/無修正版の蓮舫(何か違うものを指してるような・・・)を見ると、ちょっとイメージ変わります。
神田理事長に高圧的な質問を浴びせ、それに反発を食らった蓮舫議員は「申し訳ない」と謝ります。そこに支援をしたのは枝野統括だったのでした。
しかもその後、蓮舫議員は仕分け作業を休んだり、けっこうダメージあったのでは?と想像させる点もあります。

私はスーパージョッキーで、それまでイマイチ売れないグラビアアイドルだったレンホーがたけしに突っ込まれ放題突っ込まれることで、一躍全国区になった過程を見てきました。元から生意気レンホーと呼ばれ、無礼な口を利くのがレンホーだったのです。
そのままでは単なる嫌われ者キャラだったのが、たけしという稀代の突っ込みマシーンと巡り会うことで、見事にその毒を消すことが出来たのです。
レンホー初登場の時のたけしの一言目は「ロン!」(麻雀の人和/レンホー)という、もはや人扱いしていないっぷりで、レンホーがいくら生意気を言ってもカラ回りという空間を作り出しました。

スーパージョッキーでのレンホーは、たけし(&たけし軍団)という庇護の下、生き生きと、毒舌・生意気の羽を伸ばし、なおかつ視聴者の支持を得ることが出来ました。


続きはこちら