風格が

写真拡大

<テレビウォッチ>WBC世界フライ級王者、内藤大助(35)が同級3位の亀田興毅(23)に敗れた。その亀田が一夜明けて『朝ズバッ!』に生出演した。

   大人の会話ができるまでに成長した亀田に、みのが、盛んに「風格がでてきたね〜」を連発していた。


   まず、みのがスタジオに登場した亀田に求めたのが、左パンチでクス玉を割る『勝利のお祝い』。

   ところがパンチが弱いのか、仕掛けのミスか? 亀田が何度左パンチを繰り出しても割れなかった。

   ようやくクス玉が割れた後、亀田が勝利の感想を。

「楽に勝てると思っていた。というか余裕というか……。やっぱりチャンピオンは強い。思っていた以上にやりにくかった」。

   これに応えてみのが「相手をたたえる。風格が出てきたね〜、余裕が……」と。風格がでる年でもないのに、その後もみのは何度か「風格」を口にした。

   一方、TBS解説室長の杉尾秀哉は少し抑えて「成長したなと思う。世間のイメージも(亀田は)変わったと思っているでしょう」。

   アメリカ政治ジャーナリストという横江公美が「黒ヒョウみたいだった」というコメントに、亀田は「リングネームを黒ヒョウにしますか。『なにわの黒ヒョウ』に」と満足げ。

   それにしても、敗れた内藤もよく戦った。決め手にはならなかったが、手数は内藤が圧倒していたように見えた。が、生中継したTBSのアナウンサーは亀田、亀田、亀田……が多かった。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!