日曜日の昼、なぜだか突然あるものが食べたくなった。

 昔の大ヒットCM的に表現するとこうなる。
 「私は(夜中ではなく)昼下がりに突然(いなりずしではなく)焼きそばが食べたくなったりするわけです。それはもう食欲とかそんなことではなくて、ただもうなんだか(いなりずしではなく)焼きそばのことで頭が一杯になってしまうわけなんです。そこでこうやってセブンイレブンへ。こんな自分を私はかわいいと思います。」(セブンイレブンCM・ケイコさんのいなりずし編:1995年)

 で、セブンイレブンに行ってきた。すると、いなりずしやら、焼きそばどころではなく様々な弁当を手にした同年代、中年男女の人々ががレジや店内にいた。カゴの中には弁当は3つ4つ。日曜日に「外食」はもはや贅沢で昔日の風景となり、さりとて休みに料理の手間はかけたくないといった風情が今日的なのだろうか。
 
 それは、さすがに出来合の焼きそば味気ないと思って材料を買いにスーパーに行こうと思った。が、大手スーパーに行くには駅を超えて10分ぐらいの距離。たかが10分、されど10分。さらに、その時間だとレジの行列も想像に難くない。さりとて、個人商店の八百屋は今日は休みだ。平日でも商店街は閉まっている店が多いのも事実だが・・・。

 と、すぐ近くに100円コンビニ・スーパー「ショップ99」があるのを思い出す。品数は少なく品質もそこそこだが、何より気軽に入れるし、商品が小分けで買いすぎないのがうれしい。何といってもこちらは衝動的に焼きそばが食べたくなって、それだけを作れる材料が手に入ればいいのだ。
 店内には驚くほど高齢者の姿が目についた。おばあちゃん後ろに並んでレジで会計。

 かくして、自称・メタボ予備軍の予備軍である筆者は、本来禁忌すべき高カロリーな焼きそばにありつくことができたのであるが、それを食しながら目にした光景を反芻してみた。
その光景は、実はネット調査の通りである。


続きはこちら