日本でいっこうに勢いの伸びる気配がないXbox360。もはや国内での巻き返しは不可能とまで言われているその理由にを検証してみる。

特に問題ないソフトの本数が出ているにも関わらず・・の理由。それは、やはりは知名度の低さにある。「ファミコン」「DS」「プレステ」と言えば、大抵の人はそれが「ゲーム機」だとわかる。では、「Xbox」と聞いて「ゲーム機」だとわかる人がゲームファン以外でどれだけいるだろうか。

問題はそれだけではない。たとえば、Wiiでは「マリオ」を筆頭に「ゼルダの伝説」「ポケモン関連ソフト」が発売されている。プレイステーション3(以下PS3)では「ファイナルファンタジー13」や「龍が如く4」といった和製独占ソフトが予定されている。

これに対しXbox360はどうだろう?PS3とのマルチソフトも多数発売されるものの、日本人が興味を持つ独占ソフトが少ない。昨年から今年前半にかけて、『テイルズオブヴェスペリア』『インフィニットアンディスカバリー』『ラストレムナント』『スターオーシャン4』と、人気シリーズ・人気メーカー開発のRPGが発売されてき。が、うち3本はPS3でも発売、または発売が予定されているソフトで、さらにPS3ではそれぞれに追加要素が組み込まれている。偏りの見えるラインナップに、ただでさえ知名度が低いXboxが今以上に伸びる事は容易ではない。

もともとXboxというハードはマニアックなイメージがあり、発売されるソフトも海外のゲームに強いというのが利点であった。そのため大半のユーザー層は海外ソフトを求めていると思われるが、RPGで入ってきたユーザーにしてみれば、「もっと国産RPGを発売してほしい」というのが本音だろう。現状のラインナップに満足している層でも、ソフトの種類も増えることはうれしいことに間違いはない。来年以降、Xbox360の発表に期待したいところである。
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
Wiiの勢いは再び戻るか?
嬉し懐かし「さくせん」コマンドも。『ドラクエ?』ケータイに登場。
MSXの名作がWiiで楽しめる。
海外ユーザーへの挑戦状? 『FF13』海外で2010年3月9日発売へ
今週発売のDSiLL。携帯機としてアリ? ナシ?
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!