『ドリームハック』脅威のゲームブッ続け4日間! その場でダウンする者も

写真拡大

スウェーデン・ヨンショーピング市で開催されている、ゲームショウ&オンラインゲームパーティの『ドリームハック』(DreamHack)。4日間ブッ続けでオンラインゲームをやり続け、会場や世界中の人たちと対戦をしたり冒険をするというイベントだ。スウェーデンのゲームユーザーはもちろんのこと、世界中からゲーマーたちが集まってゲームに没頭している。

毎年参加者が増え続け、現在は1万人以上が会場に寝泊りをしつつオンラインゲームを行っているという。参加者というのは会場のスペースを予約し、そこにパソコンを持ち込んでゲームをする人たちのことを意味する。見学者やマスコミなどの来場者は、参加者よりもかなり多くの人数になる。

4日間ブッ続けでゲーム!? そんなことをしたら絶対に不健康になる! と思ってしまうのが普通だが、仲間たちとゲームに没頭している状態が楽しいのだろう。オンラインゲームは相手の顔が見えないのが普通なので、こうして顔を合わせてオンラインゲームをするのは新鮮なはずだ。

しかし、体力が尽きてダウンしてしまう人もいるようで、仮眠スペースがあるにもかわらずゲームスペースで寝てしまっている人もいる。『ドリームハック』は女性の参加率が高いのだが、男も女も関係なく会場でゴロゴロしていたり、熟睡したりしている。なかにはパジャマも持参して寝ている人がいる。ちなみに、仮眠スペースは布団がないのでベッドマットや掛け布団、寝袋などを持参している人が多い。

ダウンするまでゲームを続けることは健康的にオススメできないが、1年に2回しかない特別なゲームイベントということを考えると、この期間ばかりは死ぬほどゲームをして楽しむのもアリなのかもしれない。ちなみに、欧米ではテレビゲームやパソコンゲームのプロが存在し、彼らはプロケーマーとして年収数千万円という金額をかせいでいる。『ドリームハック』にも、そのような未来のプロゲーマーを目指す人たちが多く参加している。

この『ドリームハック』、日本からの参加者がいないのが残念だが、2010年の夏にも開催される予定なので参加申請してみてはいかがだろうか? チーム単位での申請が可能だ。未成年の参加の場合、両親の承諾があれば参加可能である。

■最近の注目記事
『ドリームハック』脅威のゲームブッ続け4日間! その場でダウンする者も
ギネスに載ってる世界最大のゲームイベント『ドリームハック』開催!
スウェーデンで世界最大のゲームショウ開催!『ドリームハック』って何?
常識をくつがえすタモリ流の “豚生姜焼き” を実際に作ってみた!
ジャレコ社長も大絶賛! フロム・ソフトウェアの『3Dドットゲームヒーローズ』