WBC世界フライ級王者・内藤大助(宮田)が同級3位亀田興毅(亀田)の弟、大毅に勝って初防衛したのが2年前。それ以降、両者がいつ闘うのか注目されてきた。互いについて何を思うのか。



 内藤は亀田興について当初は特別な意識はなかった。「一ボクサーとして試合があれば、翌日の新聞で結果を見るぐらいだった」。しかし、24日の予備検診では「関心が高まるにつれて、気持ちも高まり、また違う感情が出てきた」と心境は変化してきた。ボクサーとしては「パンチもある。ただ僕は相手が誰であろうと、強いと思うようにしている」と評価。



 一方の亀田興は内藤戦を自らの実力をはかる指標ととらえている。「内藤選手はフライ級の日本人ではナンバーワン。自分の実力を知るにはちょうどいい相手。夢の3階級制覇に向けてのテストマッチやと思っている」。王者をたてながらも、攻撃的な姿勢は変わらない。

 35歳の王者と23歳の挑戦者の比較でよく聞かれるのが「経験の差」だ。

 これについて亀田興は「(ボクサーとしての)年数的な意味では、そこまでの差じゃないと思う。ただ、苦しい試合をしているかは違う。おれが苦しかったのは(初の世界戦の)ランダエタ戦だけ。苦しくなった時にどう闘うか、おれが一番楽しみ」と話す。

 キャリアだけで勝てるほど甘くないのは内藤も重々承知している。「結局は勝ったもんが強い」。29日、どちらがチャンピオンにふさわしいか答えが出る。

【他にはこんな記事も!!】
WBC世界フライ級タイトルマッチまであと4日 2年に及ぶ因縁ついに決着
WBC世界フライ級タイトルマッチまであと4日 内藤 興毅の“罠”にはまる
「ビバ!メヒコ メキシコ通信局」次代のニューヒーロー・ソンブラ

リアルスポーツとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!