「行列のできる法律相談所」がゲーム化、ニンテンドーDSで来年2月発売。

写真拡大

2002年から日本テレビ系の日曜21時台に放送されているバラエティ番組「行列のできる法律相談所」をバンダイナムコゲームスがゲーム化、ニンテンドーDS向けソフトとして、2010年2月25日に発売することが明らかになった。

ゲーム版「行列のできる法律相談所」は、夫婦間や隣人トラブルなどの身近なトラブルをドラマで再現し、番組に登場する“史上最強の弁護士軍団”が法律的なジャッジを下すメインコーナーをゲーム化したもの。プレイヤーは番組に参加し、スタジオのゲスト席にいる感覚で楽しめる。

収録される相談案件は、過去8年間の放送の中で出題された170件以上。弁護士軍団による最終ジャッジでは、それぞれの弁護士が自身の見解を番組と同様に説明するため、多くの案件を通して法律を学ぶこともできる。

番組で“所長”島田紳助の“秘書”を務める松本志のぶは公式ブログの11月22日付けエントリーで、ゲーム版について「様々な法律相談を解決していきながら、行列ならではのゲームをクリアしていく内容」と紹介。また、「私もものすごい数のコメントを喋ってきた」そうだ。