現場から上がった企画書。
起案者の「『意志』がない」と憤慨なさった経験はありますか?
もちろん起案者の意思も提案が頓挫しないために必要な要素です。
しかしそれを「現場」に求めていいのでしょうか?
次世代のリーダーを育てるセオリーをご紹介します。

「ふぅ〜」


浅田社長(仮名)が、ため息をつきながらドカッとソファに座りました。
人を育てるのは難しいですね…。
独り言のようにつぶやきながら、丸めた書類の束を私に差し出します。


「オグラさん、見てくださいよ」


書類の束は、どうやら社員から経営へ対する提案書のようです。
促されるままに開いてみると、以下のように書いてありました。


「新商品のロゴマークを広告代理店に発注した結果、
 以下の3案があがってきました。〜中略〜社内でアンケートを取ったところ、
 A案が第一位、C案が第二位、B案が第三位という結果でした。
 上記をもとに、幹部会にてご決定下さいますようお願いします」


パッと見たところ、きちんと手順を踏んだ提案書のように見えます。
しかし、何か物足りない…。そう感じた私がもう一度読み直そうと、
ページを戻したところで、浅田社長がズバリと解説してくれたのです。


「後は幹部会で決定してください、か…。気楽なもんだな。『意思』がない」


ははぁ、なるほど。大まかに察しはついたものの、あえて私は質問をすることにしました。


「『意思』がない、とはどういうことでしょうか?」


社長が答えます。


「だってそうでしょう。この提案書には何一つ起案者の『意思』が書かれていない。
『おれはA案にしたい、すべきだ』という思いはどこにもなく、
 ただ投票結果が1位だからA案、とだけしか書かれていない。
 こんなものは提案じゃない。ただの放り投げだ」


まさにその通り。私が感じた違和感と同じ考えを社長が解説してくれたのです。
しかし、これだけで社長の怒りは収まりません。



続きはこちら