任天堂の「ニンテンドーDSi LL」
任天堂株式会社は2004年12月2日にニンテンドーDSを国内発売して以来、2009年9月末までに2,812万台、全世界では1億1,348万台のニンテンドーDSシリーズを出荷し販売してきた。

その中でユーザーからの「もっと大きな画面で」「みんなと一緒に」DSを楽しみたいという声に応え、ニンテンドーDS LiteそしてニンテンドーDSiよりも画面サイズを大幅アップ(ニンテンドーDS Lite比93%増)するとともに、広い視野角で周りの人と画面が共有できるニンテンドーDSiを2009年11月21日より発売するに至った。

価格は、オープンプライス。メーカー希望小売価格は、2万円(税込み)。ボディカラーは、ダークブラウン、ワインレッド、ナチュラルホワイトの3色。

■デカイ!使いやすさを重視
ニンテンドーDSi LLは、遊び心溢れるユニークなカメラやミュージックプレーヤーそしてインターネット接続といったニンテンドーDSiの機能はそのままに、画面と本体を大きくした「LLサイズのニンテンドーDSi」だ。
上が「ニンテンドーDSi」、下が「ニンテンドーDSi LL」

表示される文字等が大きくなるだけでなく、画面の視野角も向上させたので、携帯型ゲーム機でありながら、プレイヤーの周りにいる家族や友達にもゲーム画面を一緒に見てもらうことができる。
左が「ニンテンドーDSi」、右が「ニンテンドーDSi LL」

本体に格納できる専用タッチペン(約96.00mm)に加えて、日常で使うペンに近い長さ129.3mmのタッチペンも付属し、タッチパネルへの文字入力も一層便利になった。
「ニンテンドーDSi」専用タッチペン(上)、「ニンテンドーDSi LL」専用タッチペン(中)、日常で使うペンに近い長さ129.3mmの「ニンテンドーDSi LL」付属のタッチペン

さらに、ニンテンドーDSi本体内蔵メモリにダウンロード購入できるニンテンドーDSiウェアの中から、「ちょっと脳を鍛える大人の DSiトレーニング文系編」、「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング理系編」、「明鏡国語 楽引辞典」の3つのソフトを本体にあらかじめ内蔵しているので、本体を購入すれば直ぐにこれらのソフトを楽しむことができる。
内蔵ソフトを選択する画面

任天堂によれば、「ニンテンドーDSは一家に一台にとどまらず、『一人一台』お持ちいただけるまでにしたい」と考えている。機能やカラーのバリエーションに加えて、今回は画面が大きくて見やすい「新たなサイズバリエーションを追加投入」することによって、さらに多くの人に「マイDS」として使ってもらえることを期待しているそうだ。

「ニンテンドーDSi LL」詳細情報
ニンテンドーDS Lite/DSi/DSi LL スペック比較
任天堂株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
世界初のセパレートスタイル!合体変形ができるケータイ「F-04B」
KDDI、痛恨のミス!イベントの案内メールで顧客情報を流出
掟破りの2画面表示!大画面タッチ&フルキーの欲張りケータイ「SH-03B」
見え過ぎちゃっても困らない!プリンストン、iPhone用の光学8倍テレコンキット