銀座がノスタルジーに染まる!クラシックカー約100台がパレード

写真拡大

黄葉が美しいイチョウ並木を、約100台ものクラシックカーがパレードする…なんて壮観な光景が見られるイベントがある。11/28(土)、明治神宮外苑(東京都新宿区)で開催される「トヨタ博物館 クラシックカーフェスタ in 神宮外苑」だ。

これが世界に1台のフランクリン・ルーズベルト専用車「パッカード トゥエルヴ」

今年で3回目となる同イベントの見どころは、やはり前述したパレードだ。これは国内外からクラシックカーの個人所有者が集結。10:50に明治神宮外苑 絵画館前をスタートし、青山通りから内堀通りへ、銀座中央通りから晴海通りへ、そして数寄屋橋を通って絵画館前へと戻る約12.5kmのコースを走行する。色付いたイチョウ並木の間をレトロな車が走っていくなんて、ちょっとノスタルジックだと思わない?

また、愛知県長久手町にあるトヨタ自動車の博物館「トヨタ博物館」からも、同館所蔵の貴重な車両をわざわざ東京まで運び、会場となる聖徳記念絵画館前に展示する。中でも注目は、世界に1台しかない1939年の「パッカード トゥエルヴ」だ。これはなんと、米国32代大統領、フランクリン・デラノ・ルーズベルトの専用車だった車。ほかにも、世界最初のガソリン自動車「ベンツ パテント モトールヴァーゲン」(1886年)や、「サンビーム グランプリ」(1922年)など計9台が展示される。13:00〜、15:00〜の2回、当時の衣装に紛したモデルを乗せてのデモ走行もあるので、タイムスリップしたような貴重な姿が見られるぞ。

当日の明治神宮外苑では「第13回神宮外苑いちょう祭り」も開催しているので、足を伸ばしてみて。【東京ウォーカー】

【関連記事】
“GT-R”や“大蛇”も!高級車レンタカーが人気のワケ (東京ウォーカー)
エコ車とはひと味違う、70年代“マッスルカー”の魅力 (MovieWalker)
BMWやアウディがスゴイことに!高級輸入車の“痛車”が集結 (東京ウォーカー)
免許がなくても楽しめる!200台以上のハーレー&ビューエルが集結 (東海ウォーカー)
嬉野にクラシックカー100台が集結! (福岡ウォーカー)