任天堂の携帯ゲーム機の原点として歴史に残る『ゲーム&ウオッチ』が30年ぶりに復刻される。会員制ポイントサービス『クラブニンテンドー』の2009年度のプラチナ会員特典で、現在のところ一般販売する予定はないという。本体を入手できる最後のチャンスになるかもしれない。

「ゲーム&ウオッチ」は、1980年発売の世界初の携帯型液晶ゲーム機。時計に1種類のゲームを一体化し、ポケットに入るて持ち運べる気軽さで、5800円という当時ではやや高めの価格ながらヒット商品となった。ワイドスクリーン、マルチスクリーンなどのバリエーションも生まれ、『十字キー』を搭載した最初のゲーム機としても知られる。

復刻版は第1弾『ボール』をほぼ忠実に再現した。オリジナル版と復刻版の違いは、ゲーム音のオンオフができる点、電池ぶたがねじ止めになった点、本体裏側にクラブニンテンドーのマークが入った点だ。「ゲーム&ウオッチ」のゲーム自体はニンテンドーDS用ソフトとして入手可能だが、本体の復刻は今回が初めて。

プレゼント対象は、2008年10月1日〜2009年9月30日の1年間に400ポイント以上を獲得したプラチナ会員。ポイントは、購入した任天堂のゲーム機やソフト(サードパーティ製含む)のシリアルナンバーをWebサイトで入力する。加算されるポイントは製品により異なり、ニンテンドーDSi本体が60ポイント、Wii本体が80ポイント、5250円以上のソフトが30ポイントなど。配送は2010年4月下旬の予定。

  • 日本のゲーム業界を復活させるには:(1)任天堂・宮本茂氏に聞く2009年6月18日
  • 任天堂の宮本茂氏が語る、ゲームの新たな発想2007年8月8日
  • Appleが買収すべきは任天堂? その独特な企業風土2008年10月28日