ユニクロ創業60周年の消費者還元セールがとうとう始まった。午前6時から展開されたセールには、どの店にも行列ができたようだ。その行列は予想できた。しかし、先着100名に配られると話題になった「牛乳とあんパン」は、はてさて、特別なものだったのだろうか?予想できない。気になるのは、私だけ?

インターネットとは、ありがたい。
早朝に並んで「牛乳とあんパン」をゲットした埼玉県在住の兼業主婦さんがブログに掲載していた。敬意を表して紹介させていただく。

はてさて、何か特別な牛乳とあんパンだったのか?
産地直送の絞りたて牛乳だったり、、、
国産大豆と特製麹を使ったあんパンだったり・・・
凄い物語や今後の事業の伏線を感じさせるものだったのかぁぁぁぁ?



答えは、並んでビックリ、、、


成分無調整の森永牛乳と
「大福みたいなホイップあんぱん」フジパン製だった。
どこにでも売ってる普通のメーカー品のセットである。
いわゆる大衆におなじみのセットであったのだ。


その答えには、ガッカリするというより、、、
やっぱり凄いなぁと言うのが正直な感想だ。


創業の精神=原点に還るという意味もあったとは予想されるが、それ以上に感じるのは、今回のユニクロ創業60周年の消費者還元セールに貫かれている「特別ではないことへのこだわり」である。

?5千円分の買い物ごとに 1枚ずつもらえ、当たれば現金1万円を受け取れるという手法
?総額10億円でキャンペーンを終了するという手法
?早く並んだ人には、粗品だけどプレゼントがあるという手法
整理してわかるのだが・・・このキャンペーンって、「家電業界」や「パチンコ業界」のやり方である。
ファッション業界なら絶対に避けて通るはずのものである。


続きはこちら