ベテラン・モデルのハイディ・クルム、産後たったの40日で、「ヴィクトリアズ・シークレット」ショーのホストに復帰。

写真拡大

(プライドよ、プライド。)

10月9日、ロサンジェルス「シーダーズ・サイナイ病院」で4人目の子を出産していた、スーパー・モデルのハイディ・クルム(36)。彼女が19日、なんと産後40日で「ヴィクトリアズ・シークレット・ランウェイ・ショー」に復帰、人々をビックリさせた

ニューヨークで19日に行われた「ヴィクトリアズ・シークレット・ランウェイ・ショー」、“Enchanted Forest”のコーナーでは、ドイツ人であるクルムがホストとして登場、「Guten tag」と観客にあいさつした。

臨月には巨大なバルーンのようなお腹を抱えていたクルムが、今ではこの通りのスリムなボディを取り戻している。あまりにもステキなクルムに、「これがたった40日前に4人目の子(女の子:ルーちゃん)を出産したばかりのママ?」と、観客からは大きな歓声が上がった。

「まぁ今の私は、世界中の人が見守るこのショーで、ヒップをぶるんぶるんさせるよりはホストでしょう。」クルムは笑いながら、CNNの取材にそう答えていた。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

【関連記事】
ハイディ・クルムが女児出産。なんと4人目。
ハイディ・クルムいよいよ入院で出産にGo!改姓も済ませる。
ハイディ・クルムの大きなお腹に子供たちがジャンプの恐怖。
ミランダ・カー、実は結構Aカップ。
シンディ・クロフォード、ほくろのガン化を心配。