2009年4月に発生が確認されてから7ヶ月が経過しますが、世界中で同じウィルスが蔓延しているのにも関わらず、各国で異なる様相を呈してきています。一先ず、2009年11月時点の状況と対策のあり方を纏めてみます。

日本では、2009年11月現在、推計1500万人が感染しました。確定は900万人程度とのことです。
死亡された方が60名前後ということで、世界的に見てもかなり人数が少ないという特徴があります。

ちなみに米国では、既に4000名弱の方が亡くなられていると政府機関により発表されていますが、メキシコやオーストラリアにおける致死率に近い数値となっています。

なぜ、日本だけ致死率が低いのかについては諸説ありますが、実際にこれといった確証はなく、今後日本でも各国の数値に近づいていくと仮定すると、現在の10倍〜50倍の数値になる可能性もあります。

また、ウクライナで騒ぎになっている新型インフルエンザなのかどうか分からない伝染病についても、政府による情報操作なのか、本当に新たな病気なのかを気をつけておく必要があるのかもしれません。

さて、日本において新型インフルエンザ対策を講じる企業が少ないということが話題になっていますが、基本的には対策費用の捻出や、対策に関する人員の問題ということになっています。

しかし、当社で提供している無料の対策ノウハウサイトや、NTTラーニングシステムズ社と共同で展開している新型インフルエンザ対策サイトへのアクセスが多いわけではありませんので「自分だけは大丈夫」といった日本人らしい感覚がもっとも大きく影響しているのではないかと感じていたりもします。

以下に、これまでセミナーなどでお話ししてきました個人向けの新型インフルエンザ対策についてまとめてみようと思います。

◆ マスクは有効か?
マスクは、発症者が他の方に感染させないためには有効ですが、感染しないためにはあまり役に立ちません。

続きはこちら