接戦でも″亀田優勢″報道? 内藤大助とのタイトルマッチにまたも報道規制

写真拡大

「まだこんな規制しているのかよ!」

 報道陣から不満の声が聞こえているのは、29日に開催されるプロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ、王者・内藤大助と同級3位・亀田興毅の取材についてだ。

 主催者が各メディアの取材申請を厳しく選別、当日の入場拒否を申し伝える例が頻発しているというのだ。取材拒否された側は、一様にこれまで亀田に対してネガティブな報道をしている媒体ばかりのようだ。

「ウチは内藤大助の宮田ジムの方はOKしてくれているのに、亀田ジムがNGだった」

 こう話すのは取材拒否を伝えられたという写真週刊誌の記者だ。

「K-1などの格闘技団体なんか逆に"来てください"って電話があるほどですし、他のボクシング世界戦でも、こんな取材拒否は過去に経験がないです。亀田がらみだけ、こういうことになる。自分たちにとって都合のいいメディアしか受け付けないというのは、公平性が重要なスポーツの世界でおかしな話ですよ」

 この記者によると、2年前の内藤と大毅の試合の時も取材拒否された媒体から抗議の声が上がり、日本ボクシングコミッション(JBC)の関係者が「今後は改善したい」と返答していたのだという。しかし、結局は亀田流のマスコミ規制は何も変わっていなかったということになる。

 亀田に厳しい記事......といえば、数々の亀田問題について追求してきたことで知られる、ジャーナリストの片岡亮氏が思い当たる。今回の試合の取材申請が通ったか、直撃してみた。

「予想通りダメでしたね(苦笑)。僕個人ではなく、夕刊フジからJBCを通じて申請したんですが、16日に"主催者と協議したところ、貴意に添いかねる仕様と相なりました"とファックスで返答がありました。もっとも、亀田に関しては現場に行けても、亀田寄りの記者やテレビ関係者がいちいちスタッフに告げ口して追い返されるので、取材にならないんですけどね(笑)。試合自体はテレビ映像の方がよく見られるのですが、現場でどんな動きがあったか、関係者がどんな感想を抱いたかを探りたいので、チケットを買って堂々と会場入りしますよ」

 こうした取材拒否によって、どんな問題が引き起こされるのだろうか。

「過去の例で言えば、試合後の記事は亀田が主役で書かれやすくなり、6-4ぐらいで内藤が優勢でも、互角もしくは4-6で亀田優勢だったかのように書かれる可能性があります。また、舞台裏で何か亀田が問題を起こしても報じられないということも考えられます。以前、レフェリーが恫喝されているのを目前にしても周囲の記者たちは無視していましたからね。真実を伝える人が現場で他にいることを祈ります」(同)

 もっとも、あるスポーツ紙の記者は先日、亀田サイドを怒らせる記事を書いて名指しで出入り禁止になったという話もあるから、記者たちも戦々恐々としながらの仕事なのかもしれない。結果、亀田に関してはデイリースポーツの木村直樹記者など、やたらと亀田をヨイショする取り巻きマスコミが見られるようになった。

 取材拒否するということは、それだけ探られたくない腹があるのかと思ってしまうが、中立の立場であるはずのJBCまでも亀田の言いなりとは、プロボクシングの村社会ぶりには呆れるばかりだ。

 筆者はまだ取材申請はしていないが、日刊サイゾーもこんな記事を出したら当然、取材拒否なんだろうか?
(文=小田美代)

※画像はTBS『WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助 VS. 亀田大毅』公式サイトより


【関連記事】 度重なる不祥事の亀田史郎にJBC安河内事務局長がなぜか優しい裏事情
【関連記事】 「ライセンス再交付は是か非か」亀田史郎に申請受けたJBCを直撃!
【関連記事】 X JAPANにまたも不協和音!? 亀田世界戦で国歌斉唱のTOSHIにYOSHIKI激怒
【関連記事】 虐待される子どもたちを救え!  施設育ちの元ボクサーの闘い
【関連記事】 「亀田なんていないほうがいい」竹原慎二ロングインタビュー