時間をコントロールするのと、されるのとでは大きな差になりますね。ただ、どうしたら時間をコントロールできるのでしょうか?

時期的なこともありますが、雑誌や本では手帳についてとりあげられ、様々な活用例、手帳の種類について解説されています。また、ここ数年「夢実現系手帳」が、様々な種類販売されています。

夢実現系手帳の特徴としては、
・夢を具体的に書く。
・達成へのスケジュールを決め、そこに向けて逆算にスケジュールをブレークダウンする。
・To doを記載して、行動をチェックする。
・定期的な見直しを行う
と、いったことが多いと思います。


この手帳の特徴にも共通するのですが、タイムマネジメントでは「自分で時間を決める」ということがポイントになります。

例えば、日々の中でルーチンとしてやっているようなことってありますよね。朝起きて、ご飯を食べて、通勤をして、出社、お昼を食べて、残業をして、帰りに飲んで・・・・。このルーチンなことは、自分で決めることが出来ることです。他の人のスケジュールが関わっているとコントロール出来ないこともありますが、自分で決められることであればコントロール可能なはずです。
まずはこのルーチンなことを見直して、タイムマネジメントしてみて下さい。

1日24時間。
この時間は、誰にとっても同じです。
では、人によってやっていることに大きな差があるのはなぜでしょうか?これは単に能力の差が理由ではありません。(人の一般的な処理能力には、そこまで大きな差はありません。)


タイムマネジメントは、時間を活かすことに繋がり、スタープレーヤーへの第一歩です。
決めること自体は難しいことではありません。それを徹底できるかが、スタープレーヤーとの別れ道です。

あなたもスタープレーヤー目指して、まずチャレンジしてみて下さい。

続きはこちら