シングルの30代「ゲイっぽいストレート男子」15人に、突撃インタビュー!彼らの性質と女子に対する本音を聞きました。もちろんアポ無し下着チェックも!


オンナゴコロの潜入捜査シリーズ
 
「オンナゴコロをつかむデザイン」をコンセプトに活動している
武田舞が(個人的に)「今後、女性のトレンドになりそう」
という商品・サービスをテーマに専門知識のある方やその対象の方に
突撃インタビューをして、衝撃の真実を報告!



捜査ファイル -- vol.2 --
「"ゲイっぽいストレート"男子がモテている!」-後編-


“ゲイっぽいストレート”というキーワード。
つまり、美意識の高さや立ち振る舞い、思考はゲイのように見えるが
恋愛対象はあくまで「女性」の彼らの事である。
モテる要素を含めた表面的な調査は前編で報告出来たと思う。


彼らのようなタイプの(心をつかみにくい)男子に恋するオトメ達の為に、
彼らの実態に迫ってみようと思う。


突撃!
15人の"ゲイっぽいストレート"達を取り調べ!
&アポ無し「本日のこだわりパンツ見せて下さい!」


とある建築デザイン事務所のホームパーティ。
それらしき男子の巣窟での潜入捜査。これはフィクションでは無い。
途中、女子にはキツい表現もあるのでご注意願いたい。

Q1.あぶく銭3万円を使うとしたら?(条件:必ず使う事)

1位:洋服や靴に使う。
2位:趣味(CDや写真集、書籍)をオトナ買い
3位 : 美味しい食事
 その他
 植物、グルーミンググッズ(化粧品)、ブランドモノの包丁
 ”化粧品”と答えた彼は、「パッケージがかっこいいんだよね」と
 その商品まで見せてくれた。その度に「俺も持ってる〜」等と
 会話が盛り上がる。
 ガールズトークに勝るメンズトーク。
 
 悲しい事に、一人も「彼女に何か使う」人は居なかった...


 ここから分かるのは、
 女性に対しての貢ぎ物<「自分のカルチャー」
 彼らは、やはり「スタイル」や「カルチャー」が大事なのだ。

続きはこちら