ハリウッド・スキャンダル ロバート・パティンソンが躁うつ病激白

写真拡大

 新作映画「ニュームーン/トワイライト・サーガ」の公開日も近づき、注目を浴びるロバート・パティンソンが、英「New Magazine」で躁うつ病を患っているかもしれないと自ら告白した。



 医者からの診断は受けてないが、自分ではコントロールできないほどの激しい気分の浮き沈みで、とても辛い思いをしているらしい。以前ロバートは「『トワイライト』の映画撮影で6週間髪の毛を洗わなかった」と明かしたが、これはうつの症状で、身の回りのことがどうでもよくなってしまう現象だ。



 ロバートは同誌のインタビューで「このジーンズはここ数日間洗ってないんだよ。でもシャツはまだきれいだと思う。実は自分の体臭があまりにもひどくてときどき我慢できなくなってしまうんだ」と、うつ状態が続いていることを告白した。

(photo by PRPHOTOS)

【他にはこんな記事も!!】
60回記念紅白 顔ぶれ予想
北川景子に二股疑惑
「アフロサムライ:レザレクション」監督トークショー

リアルスポーツとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!