1年ぐらい前に、フレームワークに関してのセミナーをこのサイト主催でやりましたが、ぜんぜん伝わらなかったですね。まあ、時代のせい?私のせい?と思いつつ、そろそろこういう考え方を書いてもいいかな、という内容を書きます。

 今日は、認識とフレームワークについてちょっと書きます。

 認識というと、西洋哲学では、長いこと論争のテーマでしたね。

 絶対的な認識に人は到達できるのか?というような問いですね。

 それは、世界がどうできているのか?という問いに人間が答えられるのか?という問いに近いですね・・・。

 まあ、そんな論点の周囲に、唯物論、唯心論といった考え方がありました。

 唯物論というのは、モノの世界しかないんだ。心なんてないんだ。というような考え方ですね。

 世界は原子でできている!みたいなお話しはそこから来ていますよね。万物の最小の構成単位を探る試みは、世界に生じる事象はすべて物質に拠っているのでは?という考え方に依拠する場合が多いですよね。

 万物の根源、アルケーと言ったりしますけど、それは水であるとか、火であるとか。いろいろと考えられていて。原子、アトムなんだ!というのが正しそうだということになって。今は、クオークとかそういうお話しになってきていますでしょうか。

 こういう考え方に依拠すると、心は、脳で発火現象が起きているだけなんだ!という言い方になることが多いかもしれません。

 そう、感情はただの化学反応だ、ということになります。

 化学反応があって、感情が動く、みたいなね。入力は物理側で、結果として感情が生じる、みたいなね。そういう考え方になります。モノがあるから、それが見えるみたいな。人間の心の事象は、すべて、「モノ」オリエンテッド、「モノ」ドリブンで起きていると。

 でもまあ、それも変な気がする。

 変な気がしますよね?なんか本当にそうなのかなあ、と。


続きはこちら