その名を「VIA(ヴィア)」という。スタバがアメリカで新発売したインスタントコーヒーである。あえてカニバリゼーションにつながりかねない商品展開に踏み切った背景は何だろう?

スタバのインスタントコーヒー

「店内での入れ立てのコーヒーと遜色ない味(日経MJ新聞2009年10月9日付)」がセールスポイント。スタバが初めて出したインスタントコーヒー「VIA(ヴィア)」はシュルツ氏が自慢するほどの味、しかも1杯あたり1ドルを切る価格設定となっている。

「スターバックス店内では最も安いコーヒーでも1杯2ドル程度するため、その半額となる(前掲紙)」。にしても、インスタントとしては十分高いとは思うけれど、とりあえずスタバがインスタントコーヒーを出したことにニュースバリューがある。

実際に買って飲んでみた人の感想がブログにある(→ http://ameblo.jp/his-seattle/entry-10225049153.html)。これを読む限り、純粋なインスタントコーヒーのようだ。つまり簡易ドリップ式でさえなく、顆粒をお湯で溶かすだけ。ネスカフェとまったく同じだ。

その感想に曰く「お店で買うスターバックスと同じまでには行かないながらも、その辺のインスタントコーヒーより何倍もおいしいリッチな味マグカップ。ブラックでもとっても飲みやすく、どことな〜くナッツの風味が漂います。スタバのコーヒーを安く、手軽に飲めるので合格です!」とある。

味はホントに良いみたいで、なかなか興味深い。


相当においしいインスタントコーヒー

確かに味についてはシュルツ氏もかなり自信があるようで、妻にこっそりヴィアを使ってみたがばれなかったという。いつもは本物のスタバのコーヒーを入れていたにもかかわらず、味の違いを見抜かれなかった。ヴィアの味は相当においしいということなのだろう(まさか、スタバオーナーの奥さんの舌が鈍いということはないはずだ)。


続きはこちら