TUFシーズン9ファイターを実力で上回るUFC進出組。TVマッチには入っていないが、テリー・エティムは今後に注目大だ

写真拡大

UFC105「COUTURE vs VERA」が、14日(土・現地時間)にマンチェスターのイブニングニュース・アリーナで開催される。全11試合中、開催地英国のファイターが出場しないのは、メインのランディ・クートゥアー×ブランドン・ベラと、アンダーカードのライトヘビー級戦アレクサンダー・グスタフソン×ジャレッド・ハマン戦の2試合のみ。9試合で計11人のUK UFCファイター出場する。

大挙出場する御当地ファイターのなかで、メインカードに出場するのは大将格のマイケル・ビスピンをはじめ、ロス・ピアソン&ジェイムス・ウィルクスらTUF出身者が大勢を占め、アンダーカードでもニック・オシベチェック、アンドレ・ウィナーもそれぞれがシーズン9のベスト4と準優勝者だ。

ただ、そのシーズン9のレベルが低いという声は多く、知名度こそ高いが、実力的にはチームUK×チームUSAという構想以前に英国進出を果たしたUFCに出場していたファイター達の方が高いという見方は強い。

アンダーカードでいえば、唯一の英国人対決となるポール・テイラー×ジョン・ハザウェイ、シャノン・グジェルティと対戦するテリー・エティン、そしてデニス・シバーと対戦するポール・ケリーらが、そのTUFファイターを上回る実力者と目されている。

UFC定期開催で、MMAビジネスが波に乗りつつある英国にあって、いち早くUFCデビューを飾った彼らのモチベーションは非常に高い。UFC戦績は3勝3敗、いずれも欧州大会の出場に留まっているテイラーだが、マーカス・デイビス、ポール・ケリー、そしてクリス・ライトルに敗れた3試合の全てでファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得している名勝負男。

殴られても前に進むスタイルは、ビスピンと同じウルフスレアー所属のポール・ケリーに通じるモノがあるが、今回は同じ英国人で22歳と7歳も年若のハザウェイが相手だけに、名勝負云々でなくUFC残留を賭けても勝利が必要だ。

ハザウェイはこれまでトーマス・イーガン、リック・ストーリーに勝利しているが、ビッグインパクトを残せているファイターではない。しかし、彼に敗れたリック・ストーリーが米国本土で勝利を挙げたブライアン・フォスター戦のパフォーマンスを見れば、ハザウェイの持つポテンシャルの高さを伺い知ることはできる。

188センチの長身で、テイクダウン攻防中の打撃の巧みさはその年齢には不相応というしかない。この一戦に勝利すれば、欧州要員からの脱却も見えてくるだけに、ファイト・オブ・ザ・ナイト候補の熱い一戦になることは間違いない。

ハザウェイが英国を飛び出すミドル級のスター候補なら、ライト級ではテリー・エティンに米国再進出の期待がかかる。昨年5月にラスベガスでリッチ・クレメンティに敗れたエティン。それ以前にもグレイソン・チバウに遅れを取ったが、現在は3連勝中で、UFC通算戦績も4勝2敗と勝ち越している。

この4-2という戦績は、評価の分かれる微妙なものかもしれないが、昨今の日本人選手のUFC戦績を見れば、二つ勝ちこすことの難しさは理解できるに違いない。

リバプールという英国の格闘技のメッカで生まれ育ち、卓越した当て勘を持つエティンだが、グラウンドもルタリーブリの黒帯マルセーロ・ブリガデイロ譲りの足関節、そしてフロント系チョークが冴えるオールラウンダーだ。ダース・チョークとギロチン・チョークで、これまでサブミッション・オブ・ザ・ナイトを二度獲得しているエティン。グラップリングの師ブリガデイロは、グジェルティ戦は『2R、ギロチンで一本』と既に勝利宣言を行なっている。

ケージ・レイジ時代からUFC上陸を経て、新たな人材が続々と現れる英国にあってハザウェイとエティンは特に今後が気になるファイターだ。