ソーシャルメディア自身が、「何を以ってソーシャルなメディア?」ってことを取り違えてるケースがあるような気がしてなりません。。


まだ米国版での話みたいだけど、マイスペースがTwitterと双方向同期
を始めたって話。

記事曰く、

  流れに乗って泳ぐ方が、逆らうよりいいと気付いたのか

これ、たぶん、日本の方が、より流れに乗れる気がする。


日本国内でもWEB・モバイル共に、SNSを始めとするソーシャルメデ
ィアは大人気。ユーザ数が数百万人とか1000万人越えとか続出の状
態。さぞ、広告収益で儲かってるんだろうと蓋を開けると、確かに
瞬間的には広告出稿もあるが、それっていわゆる“様子見”でしか
なく、継続的な事業になってるかというとかなり厳しかったりする。


じゃ、価値が無いのかと言うと、それはとんでもなくて、間違いな
く、そこには毎日、大量のヒトが滞在してるわけで。目的は様々だ
けど、間違いなく自らの意思でアクセスし、滞在してる。ポイント
は、この「目的は様々」ってこと。


マイスペースには、SNSとしての機能はほぼ揃ってる。コンテンツも
ある。
キラーは音楽。エンタメ系全般に強いけど、ぶっちゃけ、音楽。日記
も書けるし、コミュニケーションも取れるし、ナンパもできるし、画
像も貼れるし、アプリもある。でも、やっぱり、音楽。これが強み。

弱み、というのがあってるかどうか、日本国内では「SNS=ミクシィ」
の存在感が既に出来上がってからの本格展開、ってことが大きい。Y!
でのキャリアを持つ社長だから分かってるに決まってるけど、Y!がこ
れまでそうだったように、日本では「◎◎はこれ!」ってブランディ
ングが、一旦成立すると、そこからが非常に強い。周りがそう言って
るから、の威力が絶大。これは強烈。特に意味がなくても、「絶対的
存在」ってのが成り立ったりする。


マイスペースは、音楽。だから、将来的に全国民を対象にすること

続きはこちら