既に一部ではノーラインって概念も定着し始めてるのに、広告主とエージェンシー・広告会社の意識の差は広がりつつあります。


 今や、既に当り前になりつつありますが、オンラインとか
 オフラインとか、広告主から見たら「そんなのどっちでも
 えぇんや」てな話。

 あっという間にこんなご時世になりましたよー。


 「広告って何らかのスペースを売る仕事」って概念すら、
 壊れ始めてくれてます。それはそれで良し。


 そんなことを言われて久しいのに、どうして、いまだに、
 平気で「枠売り」、しかも「値下げ売り」、中には「手数
 料なしでもいいですから」とか言う、ホントに意味不明な
 行動を取っている人も、いるんですわ、結構。。

 いろいろと話を聞いてみたりしちゃったら、すぐに気付く
 ことがありまして・・・「うちの仕事はこれ」って言う。

 これって、暗黙の了解で「住み分けする」ことが根付いて
 るからなのかなと思います。



 例えば、仮の話ですが、とあるアフィリエイトASP会社の
 営業マンが広告主にこう言われたとしましょう。

 『アフィリエイトで集めた客のリピート率を高めてこそ、
 初めて、そのアフィリエイト広告が価値あり、ってことに
 なるんだけど、そういうのも提案してもらえない?』

 『いやー、うちはアフィリエイトASPなんで、サイト運用
 とか、LPOとか、CRMとか、商品企画とか、SPとか、そっち
 はやってないんですよね〜』
 『ましてや、ブランディングとか雲の上って感じで、、』

 って答えるしかない、または、それ以外の答えは必要ない
 って思ってる節がある。みたいです。

 少し気が利く人になると、知り合いの会社を紹介するとか、
 ってところまでは多い気がします。それで紹介されるのが、
 得体の知れない私ってケースも。^^


 当然、売ってる商品以外に、お客さんの悩みを聞き出し、
 そこをサポートするには、勉強も必要だし、お給料に直結

続きはこちら