KONISHIKI ついに通常のシートベルト装着可能に

写真拡大

 元大関のKONISHIKI(45)が自身のブログで、車のシートベルトを付け足しなしで装着できるようになったことを報告している。

 KONISHIKIと言えば、現役当時の体重は285kg、引退後に300kgを超えるほどだった。その後、胃を小さくする手術を受けるなどして150kgにまで減量したことで話題となったが、今回シートベルトを占められるようになったということは、その後も順調に減量が進んでいるということだろう。本人も「ヤッター」と今回の成果を喜んでいる様子。

 年末、プロレスの試合に出ることも噂されているKONISHIKI、ますますグッドシェイプになってきているようだ。

※この画像はスクリーンショットです

■関連リンク
Sit belt wa hitotsu de daijubu desu! Yatta(KONY ISLAND)

■関連記事
KONISHIKI 約150キロ激やせ、ネット騒然
KONISHIKI 胃を小さくする手術を受け100キロ減量を目指す
KONISHIKI夫妻VS曙夫妻のプロレスバトル勃発?