ここ数年、大ブレーク(?)しているアミノ酸。皆さんの中にもアミノ酸サプリメントを摂取している人も多いのではないでしょうか!?

アミノ酸には様々な効果があるとのことで注目されているようですが、医療やスポーツの現場ではアミノ酸の摂取は古くからごく当たり前のように行なわれていることであり、特に目新しいことではありません。。。

が、ここ数年のアミノ酸ブーム(?)の影響からか「アミノ酸を摂取することであらゆる身体のトラブル・悩みが解決出来る」というような誤った(?)認識をしている人も多く、今さらではありますが今回はアミノ酸について考察してみたいと思います。

■アミノ酸とは
そもそもアミノ酸とは私たちの骨や筋肉、血液などの全ての組織を作るタンパク質を構成する物質であり、私たちの身体を作るタンパク質を構成するアミノ酸は全部で20種類存在します。

この20種類のアミノ酸のほとんどは体内で酵素の作用によって合成されるのですが、バリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・フェニルアラニン・リジン・トリプトファン・スレオニン・ヒスチジンの9種類については体内で合成することが出来ないため食事等によって摂取しなければなりません。

これらのことから、この9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれています。

ところで、20種類のアミノ酸のうち、リジン、プロリン、アラニン、アルギニンの4種類のアミノ酸には体脂肪の分解を促進することからダイエット効果が高いアミノ酸ということで注目を浴びていますが、この4種類のアミノ酸のうちリジン以外のアミノ酸は体内で合成されていることを考えれば、体脂肪の分解を促進させるためのアミノ酸は常に身体の中に存在しており体脂肪を分解させるためにこれらのアミノ酸を特別に摂取しなければならない訳ではないといえるのです。


続きはこちら