11月5日(木)昼ごろ、「大阪市交通局(大阪市営地下鉄)長堀橋駅で列車同士が衝突してけが人が出ている」というニュースが流れました。結果的にはこれは誤報で、すぐに「いたずら通報によるものだった」という情報が流れましたが、一体このとき何が起こっていたのでしょうか。

詳細は以下から。
まず、事故の第一報は13時過ぎ。共同通信社がニュースを配信し、それを受けて共同通信ソースの記事を掲載している各新聞社サイトで配信されました。これらの記事は誤報であると判明後、順次削除されました。

(cache) 大阪で地下鉄衝突、けが人多数//Web東奥・ニュース/20091105

(cache) 大阪市で地下鉄衝突、けが人多数 長堀橋駅 - 山陽新聞地域ニュース

配信されたニュースの内容は以下のようなもの。

大阪市で地下鉄衝突、けが人多数 長堀橋駅
大阪市消防局によると、大阪市中央区の市営地下鉄長堀橋駅で5日午後、電車同士が衝突し、多数のけが人が出ている。


しかし13時52分、共同通信は「先ほどのニュースは虚偽通報だった」というニュースを配信。

大阪で「電車衝突」と虚偽通報 現場は一時騒然 - 47NEWS(よんななニュース)
5日午後1時ごろ、大阪市中央区の市営地下鉄長堀橋駅で電車同士が衝突し、多数のけが人が出たと119番があった。大阪市消防局が現場などを確認し、通報はうそと分かった。
現場は救急隊が駆けつけるなど、一時騒然となった。
大阪府警や大阪市消防局は悪質ないたずらとみて調べている。


これについて、読売新聞が早々と共同通信に取材を行い、14時6分に「共同通信が誤報記事を削除した」と報じています。

共同通信、大阪市営地下鉄で衝突事故と誤配信 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
共同通信は5日午後1時過ぎ、加盟各社に「大阪市で地下鉄衝突、けが人多数」の記事を誤って配信したとして、当該記事を削除した。
配信した記事は、大阪市消防局による情報として、同市中央区の市営地下鉄長堀橋駅で5日午後、電車同士が衝突し、多数のけが人がでているとしていたが、事故は発生していなかった。
共同通信社総務局は「消防へのいたずらの通報の内容を配信してしまった」としている。
(2009年11月5日14時06分 読売新聞)


第一報の直後は、10月18日(日)に起こった保線作業車の事故(今回の事故が起こった長堀橋駅を通る長堀鶴見緑地線で発生)と混同したのではないかという見方もありましたが、実際に消防隊・救急隊が出動していたようで、現場が騒然となっていたようです。

大事故が発生していなかったのはよかったことですが、イタズラが続くといざ本当に事故があったときに対応の遅れを招きかねないので、今後このようなイタズラが発生しないことを願うばかりです。

・関連記事
橋下知事も登場、強烈なインパクトを与える「水都大阪2009」のポスター - GIGAZINE

「男性専用車両」の設置を求めた株主提案が否決される - GIGAZINE

ネット関連企業や有名人を東京の地下鉄路線図にあてはめた「Web Trend Map 4」 - GIGAZINE

乗り換えに迷ったときに役立ちそうな地下鉄路線図ワンピース - GIGAZINE

新長田の風景に馴染んでいる諸葛亮と周瑜の石像や地下鉄「三国志」列車 - GIGAZINE


記事全文へ