患者自らの骨を使って骨ネジを作り、そのネジを使って治療する。従来行なわれていた金属ネジを使った手術に比べれば、手術が一度で済み、ネジ代も不要。患者さんに画期的なメリットをもたらす骨ネジは、どうやって開発されたのか。島根大学医学部・内尾教授のグループによる開発プロセスを紹介する。

第1回 「患者さんの負担を減らしたい」


■骨折治療の問題点

「骨折治療では通常、二回手術をしなければなりません。これを何とかしたいと思ったのが、そもそものキッカケなんです」

骨を折ったことのある方なら、おわかりになるだろう。折れたところは金属製のネジで留めて固定する。ところが金属は異物だ。長い間体の中にとどめておくのは、決して好ましいことではない。

「だから抜釘術といって体内に残った金属ネジを取り出す手術が必要なのです。患者さんとしては痛い思いを二回することになり、時間もそれだけかかります。しかも医療用のネジは外国製のものが多く、1本が10万円近くもする。患者さんには肉体的にも、経済的にも負担がかかるのです」

もちろん、こんな状況がそのまま放置されていたわけではない。せめて手術を一回で終わらせることはできないかと考え出されたのが生体吸収性素材を使ったネジである。

「これなら生体との親和性があるから、手術後も抜く必要がありません。しかも皮質骨に近い強度を5ヶ月ぐらい維持するので治療面で金属ネジと比べても遜色なし。さらに金属ネジとは違い術後の経過をMRIでチェックすることもできます。まさに理想的なネジだと、早速導入してみたのです」

金属ネジの問題は価格、二度の手術のほかにもあった。すなわち金属が影響するために患部の様子をMRIで調べることができないのだ。こうした問題をすべて解消すると期待された生体吸収性素材ネジだったが、これが意外な欠点を持っていることが露呈する。


続きはこちら