トヨタ自動車に見るスポーツカーが「赤である」理由/山田 美帆
昨日終幕した東京モーターショーは、ECOカー時代の到来を感じさせられるものでした。従来の目玉であったスポーツカーは随分と少なくなりましたが…、
その中でトヨタ自動車は新世代の「赤いスポーツカー」で、スポーツカーならではの車を操る楽しさを提案しています。
今回は、スポーツカーが「赤である」理由について考えてみましょう!


皆様こんにちは。
カラーコンサルタントRosaの山田美帆です。

2年に1度開催される「東京モーターショー」も昨日で終わりました。
今回は海外自動車メーカーからの参加も少なく、
2年前に比べるとかなりの縮小ムードでした。
また「エコカー」が主流で、
これまでショーの目玉であった「スポーツカー」が少ないのも印象的でした。


その中で、トヨタ自動車は新世代のスポーツカーとして、
「FT-86」のコンセプトカーを出品していましたが、
yahooニュースによれば、この車は
「デザインコンセプトは鍛え抜かれた筋肉。
ボディカラーは赤。トヨタのスポーツカーの再出発という意気込みで、
いずれのクルマにもない赤を採用した」
というコンセプトで作られたそうです。
私も実際に拝見したのですが、
少しピンクがかった赤という感じで、確かに今までにない赤だと思いました。


ところで、「スポーツカー=赤」
というイメージを持たれてる方は多いと思いますが、
なぜなのでしょう?


それは色の持つ心理と関係しているのだと思われます。


赤は色の中でも一番エネルギーが強い色。
パワーがあり、目的に向かってどんどん進んでいく色です。
そのため他の色に比べて、
馬力があってスピードが出るイメージがあるのです。


しかも赤は男性的で力強い色。
今回のように「鍛え抜かれた筋肉」を表したいときは、最適な色ですね。
また赤は闘争本能をあおる色なので、
レースなどにも向いている色なのです。


フェラーリやカウンタックなどの影響もあると思います。

続きはこちら