<今週の悩める患者さん>
ほんとに恥ずかしい話なのですが、咳やくしゃみをしたとき、重い荷物を運んだとき、笑ったときに尿もれをすることがあるんです。ただ、意外にも若い女性にも多いと聞き、ちょっと安心はしています。 だけどやっぱり、治したいというのが本心です。何かアドバイスをいただけますでしょうか。
(35歳 里美)

<なおみ先生の処方箋>

くしゃみなど、お腹にグッと力が入った時にちょこっと尿が漏れることを「腹圧性尿失禁」っていうんですよ。お産をしたばかりの人や、何人も産んだ人や、ある程度高齢の方によくあるタイプの尿漏れですね。本来は、若い女性には起こりにくいはずなんですが......。最近は尿が漏れないようにキュッと締めておく筋肉が弱い女性が増えているので、わりと若い女性でも尿漏れに悩む人が増えているんです。

原因は、「筋肉の緩み」。つまり、本来ならお腹に力が入っても尿が漏れないように、尿の出口を閉めておく筋肉がちゃんと尿の出口を閉じておいてくれるんですが、この筋肉が弱くて「しまりきってない」状態になってしまっているわけです。 改善するためには、この緩んだ筋肉を筋トレで強くしてあげなければいけません。

尿の出口を支えている筋肉を鍛える尿漏れ防止の筋トレが、骨盤底筋群体操=ケーゲル体操です。 実はこれ、腟のしまりをよくする体操でもあるんですよ。骨盤底筋というのは、子宮などの骨盤にある臓器を支えたり、尿道や膣や肛門をキュッと閉めておく働きを持っている筋肉。だから、この筋肉を鍛えると「よくしまる」、というわけです。

やり方は、子宮を上に引き上げるように腟や肛門を引き締めて・緩めるを30回繰り返す。 排尿の途中で尿を止める。といった訓練を1日3〜4セット行います。 結構頻繁にやらないと意味がないので、習慣つけるように頑張ってみてくださいね。やり方のコツが分からなかったら、尿失禁専門の泌尿器科で相談してみるのもいいでしょう。

<なおみ先生のワンポイントアドバイス☆>
☆くしゃみをしたり笑ったりすると少量の尿が漏れる
→腹圧性尿失禁の可能性あり。 まずは骨盤底筋群を鍛えよう。

☆尿意を感じたら我慢するまもなく反射的に尿が出てしまう
→切迫性尿失禁の可能性あり。 頻尿もあるようなら泌尿器科で相談してみよう。

☆たびたびトイレに行きたくなったり排尿後も残った感じがある
→膀胱炎や過活動性膀胱の可能性あり。 早めに泌尿器科で診てもらおう。

※本サイトは、万が一、本情報が原因で発生した損失や損害について一切責任を負いかねます。 本情報を使用・活用される際には、必ず最寄りの医療機関等への相談を行ってください。
※現在、なおみ先生へのご質問は締め切らせていただいております。 メールやお電話にてご相談いただきましても、お答えいたしかねますので、予めご了承くださいませ。