ネットの選挙運動がようやく解禁の方向性になりそうです。
世界の方向性、日本の現在の実態、あわせて考えると、当然かつ喜ばしいことと思います。

もちろん問題点もあるでしょうが、問題点を指摘・批判し「何も動かない」より、“なんとか問題点を解決できないか”“解決できなくてもメリットの方が大きいのではないか”などと考える方が建設的なのは明らかです。

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。


4日午前(深夜)の毎日.jpの記事で流れていました。

ネット選挙運動:解禁、公選法改正へ 来夏参院選にも
※↑毎日jp.へリンクしています。


僕自身がWeb関係に強いから、を割り引いて考えても、歓迎すべき方向性と強く思います。


仲良くさせて頂いている(というか、無茶苦茶お世話になっている)神田敏晶さんが2007年参議院選挙にて、自ら選挙に出てまで訴えたことがようやく現実となりそうです。

「次の参院選にも出馬したい」 “政治2.0”の神田敏晶氏
※↑IT media の記事にリンクしています。


なぜ僕が、ネット選挙解禁の方向性を歓迎するか…。

お金や知名度がなくても、「本当に日本のことを考え、かつ、洞察も深い候補者」を表舞台に立たせることがグンと高まるから。

短くまとめるならこの1点に尽きます。


また、現在の選挙中のインターネット活動における不合理、矛盾点、“なんだかそれ言葉遊びでしょ”と思えること…については、上記神田敏晶さんの記事にも書かれていますので、どうぞご参考にしてください。


そりゃ問題点もいろいろあるでしょう。
そもそも新しいことを行うときに、問題点がないこと、更に、この激動の世の中で、問題点が「少ない」新しい施策なんてほとんどありません(問題点が少ない、とわかっているものはとっくに行われていますって)。


続きはこちら