任天堂が大画面の「ニンテンドーDSi LL」を発表、液晶が4.2インチに。

写真拡大

2004年12月2日の国内発売以来、2009年9月末までに2,812万台(全世界では1億1,348万台)を出荷してきた任天堂の「ニンテンドーDS」。その「ニンテンドーDS」の新機種として、画面を4.2インチ×2画面に大型化した「ニンテンドーDSi LL(エルエル)」が発表された。11月21日から発売で、価格は20,000円(税込み)。

「ニンテンドーDSi LL」は、昨年11月に発売された「ニンテンドーDSi」の機能をそのままに、画面と本体を大きくした新モデル。表示される文字などが大きくなるだけでなく、画面の視野角も向上した。任天堂はこの点について「プレイヤーの周りにおられるご家族やお友たちにもゲーム画面を一緒にご覧いただける」と、その狙いを説明している。

また、本体に格納できる専用タッチペン(約96.00ミリ)に加え、一般的に使われるペンに近い長さ129.3ミリのタッチペンも付属。タッチパネルへの文字入力も一層便利となった。

さらに、ダウンロード販売されている「ニンテンドーDSiウェア」の中から、「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング文系編」「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング理系編」「明鏡国語 楽引辞典」の3つのソフトを本体にプリインストール。本体購入してすぐに遊ぶことができる。

本体色は「ダークブラウン」「ワインレッド」「ナチュラルホワイト」の3色。

◎「ニンテンドーDSi LL」スペック(※カッコ内は「DSi」)
液晶:4.2インチ 透過型TFTカラー液晶 (3.25インチ)
本体サイズ:横161.0mm×縦91.4mm×厚さ21.2mm(137mm×74.9mm×18.9mm)
重量:約314g(約214g)
充電時間:約3時間(約2時間30分)
電池継続時間:最低輝度の場合 約13〜17時間(約9〜14時間)