手塚治虫生誕80周年となる記念すべき年。『鉄腕アトム』がハリウッド版『ATOM』となってリメイクされた。世界進出である。日本で生まれた『鉄腕アトム』が、なぜ、これほどまでにハイパフォーマンスなのかを、改めて考えてみた。

21世紀に間に合いました。
これは、ガソリンエンジンと電気モーターを併用した世界初の量産ハイブリッド車・トヨタ「プリウス」が発売された時のキャッチコピー。1997年12月のこと。約12年前、環境意識は高まりつつあるものの、まだまだ、消費の実態は、重厚長大を追いかけていた時代である。

そんな時代に、小型車枠のボディに先進技術を詰め込んだエコ・カー「プリウス」の広告に起用されたイメージキャラクターは、日本のマンガの源流と言われている手塚治虫の「鉄腕アトムとお茶の水博士」。ラララ科学の子らが、とうとう、やって来た。プリウスとアトム、、、そのコラボレーションは、ハイパフォーマンスであった。



座敷童子(ざしきわらし)と鉄腕アトムの共通点。
座敷童子とは、座敷または蔵に住む精霊。見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承があり、岩手県や青森など、主に東北地方で古くから伝えられている。その起源について、民俗学者・佐々木喜善は、圧殺されて家の中に埋葬された子供の霊ではないかと述べている。 東北地方では間引きを「臼殺(うすごろ)」といって、口減らしのために間引く子を石臼の下敷きにして殺し、墓ではなく土間や台所などに埋める風習があったという。

家の繁栄のために犠牲=人身御供(ひとみごくう)にした赤ちゃんへの後ろめたさを払拭するために創造された物語が「座敷童子」なのである。家の継承の為に人柱となった「永遠なる子供」を、永遠なる家の繁栄のシンボルとしたのだ。

その座敷童子の物語に「鉄腕アトム」を当てはめてみよう・・・。

続きはこちら