働く女性の9割が資格に関心があることが、働く女性のコミュニティーサイトを運営するカウネットの調査で分かった。今年9〜10月に、「はたらく女性の『資格』に関する興味と現実」について、アンケート調査を実施し、521人から回答を得た。

 それによると、資格に対して約9割が興味がある(「とてもある」+「まぁまぁある」)
と回答。特に20代では、「とてもある」が4割強に上り、資格に対し強い関心を示した。そのうち、現在、資格取得のため勉強中している人は約2割で、20代では3割強が勉強中と回答した。
 
 資格を取りたい理由は、「資格取得を通じて自分の世界が広がりそう」が約半数(46.4%)を占め、最も多かった。2位は、「今の仕事で生かせそう」(39.8%)であったが、「勉強したり新しい知識を得ることが好き」(3位、36.8%)、「趣味の力試しやカタチにしたい」(4位、34.6%)など、仕事に限定せず自分を磨きたいという考え方も多かった。

多いと思われた「転職のため」(5位、28.2%)、「昇進・年収UPのため」(6位、19.4%)を資格取得の理由とする回答は意外にも下位であった。

 一方、「過去に資格取得の勉強を始めたが途中で挫折したことがある」という人は約6割に上る。資格取得のネックは、「時間がない」が最も多く76%、次いで、「お金がない」が65%で続いている。


◆関連ニュース
派遣社員のスキルアップ 資格への関心98%(2009/10/13)

仕事の能率を高め、決断力・忍耐力を向上させるには・・・(2009/5/20)
若手社員は積極的に職場外での交流を図る傾向アリ(2009/5/11)
副業って実際どうなの? 就業中の会社員に聞いてみた(2009/5/8)
「体の不調を実感」87% 悲鳴を上げる30代ビジネスマンの肉体(2009/5/1)
学習に最も効果的なのは「つうべん」?(2009/4/27)