次に女友だちと行きたい国はエジプト!

写真拡大

オランダの人気TVシリーズを同じスタッフ&キャストで映画化した「ドゥーニャとデイジー」(ダナ・ネクスタン監督)のトークショー付き試写会が10月26日、東京・六本木のシネマート六本木で行われ、吉川ひなのがゲストとして出席した。

本作は、モロッコ人のドゥーニャとオランダ娘のデイジーの親友コンビが、デイジーの父親探しの旅を通して成長していくガールズ・ロードムービー。

吉川は、舞台となったモロッコについて「街の人もオシャレだし、建物や家具も興味深かった。機会があればぜひ行ってみたい」とコメント。自身も女友だちと旅行に行く機会が多いそうで、「私の場合は、グアムやハワイへのバカンスですね。女同士の旅は何でもアリなので、みんなで酔っぱらいながらホテルの部屋に戻って、パンツ一丁で写メを撮り合ったりしています(笑)」と暴露。さらに、「旅先でのケンカもよくありますね。私はどちらかというと、喜怒哀楽が激しくて自由奔放なデイジータイプかな。思ったことをわーっと言うとスッキリする」と自己分析してみせた。

幸せ探しがテーマの同作にちなみ、女の子の幸せとは何かを問われると「おいしいものを食べることですね。ロールケーキとか甘いものが好きなので、友だち同士でわーっと食べたいです」とニッコリ。そして、「恋人も必要だけれど、最終的に行き着くのはやっぱり同性の友達。女友だちは何人いてもいいから」と女の友情の大切さをアピールしていた。

「ドゥーニャとデイジー」は11月7日より公開。