ブラウザから遊べるFlashゲームは、インストール不要の手軽さから多くのユーザの支持を得ている。また、ゲーム作成時にOSやブラウザの違いを気にする必要が無いので、クリエイターも増えているようだ。しかし、個人で作る場合には作成に掛けられる時間的制約や技術の不足により、面白いコンセプトであっても完成度の高いゲームを作ることは簡単ではない。

株式会社カヤックは、みんなで作り、みんなで遊ぶFlashゲームコミュニティサイト「 wonderfl Flash-Games 」をリリースした。Flash/Actionscript3 のプログラミング言語を使ったゲームが対象で、自由にゲームを作ることができる「Wonderfl Game」、決められたルールの範囲内でゲームに登場するキャラクターのプログラムを改造して参加する公式対戦ゲーム「Special Game」の2種類がある。
サイト内では全てのゲームのプログラムコードを公開し、コードを改造しながらゲームを進化させていくことが可能だ。クリエイターになりたいユーザにとっては、公開されているコードと動作しているゲームの両方を閲覧でき、ゲームの作り方を学べるだろう。
もちろんコードを読むには、一定のプログラミング技術が必要であるが、簡単なゲームのコードからじっくり読んで理解していけば、プログラミング経験の無いユーザでもゲームを作ることができるようになるかもしれない。「とても自分にはゲームなんて作れない」と思っていたユーザを、クリエイターに挑戦する気にさせるサイトだ。
(TechinsightJapan編集部 Yoshi Kato)

【関連記事】
貴方のひらめきをiPhoneで鍛える!「智慧カード」
現実世界を舞台にしたRPG。
寝言を録音するiPhoneアプリ「Let It Sleep」
サムライファクトリーの『絶品☆定番ゲーム』
ゴールは“完治”。「インフルエンザウイルス 撃退バトルゲーム」
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!

【参照】
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=47159